どうしてお菓子がないの?


久しぶりに隣の駅の某大手スーパーへ行きました。
そこにしか売っていないお菓子を買いにいったのです。

行ってみてビックリ。品物が無いのです。

パンとか野菜とかはあるのですが、お菓子の棚がからっぽのです。お目当てのお菓子も在庫切れ。
「雪のため商品が不足しています」って入り口に貼ってあったけど、雪は関係ないと思うんだけどな。

無いと思うと何故か無償に食べたくなって、たまたまここのここだけだろうと思って、
バスに乗って別のお店へ行きました。

そうすると…そこも無いのです。お菓子がないし、ポン酢の棚もからっぽ。ワインの棚までからっぽ。
あちこちからっぽでまるでもうすぐ閉店のお店みたいになってます。

ここもパンと野菜とかいっぱいあるのに、お菓子が無い…何故?どうして?
別の某大手スーパーはいつもと商品の量は変わっていないのに…。

やけになって、隣の駅にあるお店へ行ってみました。

…結果は同じ。お菓子の棚はからっぽでした。

空っぽの棚の前に入ると見知らぬ人に「消費税があがるから品揃えが悪いのかしらね」って
声をかけられました。やっぱり、消費税のせいなの?まだ、一ヶ月以上前なのにもう影響がででるの?
今、商品がないってことは中身を変えているから?消費税だけでなく本体もあがっちゃうの?

頭の中は?がいっぱい。

なにをしに電車代やバスを使ったのでしょうか…

落ち着きを取り戻す・・・?

増税後の慌ただしさは落ち着いてきたみたいで、以前スーパーに行った時はあれだけ商品棚がガラガラだったのに今は何もなかったかのように普段通り営業していました。

お菓子の棚が気になって見てみたところぎっしり入っていました!

極端に内容量が減っていたり、値段が高くなっていたり・・・と貧乏人の私にはお菓子が高級品になってしまうのではないかって心配が(笑)

お店によっては税抜価格で表示出来るのを良いことに今まで(税込)105円だったところを(税抜)105円と表示することによって便乗値上げしている企業もあるからなぁ。

確かに1円や2円なら文句を言うつもりはないんですが思い切り値上げしている企業も目立つのでなんとなくモヤモヤとしています。

そのモヤモヤを晴らすために、昔「チャイルドプレイ」が好きで簡単なコピー方法を使ってblu-rayに書き込んでいたので、そのblu-rayを1人寂しく観ながらストレス発散してやろうと思います。

もちろんマイクポップコーンを食べながら(笑)

blu-rayだけでなくDVDもコピーできる方法だったのでかなり重宝しています。

blu-rayにコピーする方法を教えてくれた友達ありがとう、お陰で私は1人でも寂しくありません。(本当はめちゃくちゃ寂しいです・・・)

それにしても「チャイルドプレイ」って沢山シリーズが出ているんですね~。

まさかチャッキーの子供が出てくる話があるなんてビックリしました(笑)

気になるからTSUTAYAかGEOに行って「チャイルドプレイ」全話借りてこよう!

圧縮・解凍ソフトとは

ファイルの圧縮とは、ファイル内容を置き換えて保存形式を変更し、ファイルサイズを減らすことです。
ファイルを圧縮することで、ファイルサイズが10分の1程度にまで圧縮されることもあります。
ファイルの解凍とは、圧縮されたファイルを元に戻すことです。
圧縮することをアーカイブ(書庫)、圧縮したファイルのことをアーカイブファイルとも呼びます。
次に圧縮・解凍ソフトをご紹介します。
興味のある方は試してみては如何でしょうか。

・ALZip
40種類の解凍と8種類の圧縮に対応した圧縮・解凍ソフトです。
エクスプローラ風の画面で圧縮ファイル内のファイルを参照することができます。
大容量ファイルの圧縮、ISOイメージファイルの解凍、CDやDVDの容量に合わせた分割圧縮、圧縮済みのファイルに対しての追加圧縮、自己解凍形式書庫の作成、さらに圧縮ファイル内の正当性調査、パスワードを設定したAES256bit 暗号化圧縮ファイルの作成、UNICODE対応、解凍しなくても右クリックから中身のファイル情報の表示するなど、多彩な機能を備えています。

・Bandizip
軽快に動作する圧縮・解凍ソフトです。
Unicode(UTF-8)をサポートしているため文字化けしません。
5種類の圧縮に対応し、暗号化や分割圧縮も可能です。
解凍は36種類もの形式に対応。右クリックでのプレビュー表示やダブルクリックでの解凍にも対応しているので簡単に操作できます。

ZIPと他のファイルフォーマットとの組み合わせ

ZIPファイルフォーマットには、セントラルディレクトリの後に続くファイルの最後にどんなデータでも含められるコメントがあります。
さらに、セントラルディレクトリはアーカイブ内の各ファイルの開始位置を表すオフセットを指定するため、最初のファイルエントリへの開始位置に対してゼロ以外のオフセットをセットすることが可能です
この仕組みにより、ZIP アーカイブの前後どちらでも任意のデータを配置できる上にZIPアプリケーションがそのアーカイブを読み込めます。
この仕組みの短所は、ZIPアーカイブと他のフォーマットの両方を1つのファイルに追加できるということです。
ZIPアーカイブの最後か最初、もしくは中間のどの位置でも他のフォーマットを許容して任意のデータを提供することが可能です。
WinZipやDotNetZipがサポートするSelf-extracting archives(SFX)は、この利点を活用しています。
そういったファイルは、PKZIP AppNote.txtの仕様に準拠した.exeファイルであり、規格に準拠したzipツールやライブラリで読み込むことができます。
ZIPフォーマットやZIPの亜種であるJARフォーマットの特性は、一見普通のファイルに見えるが、コンピューター内部に害を及ぼすJavaクラスを隠して悪用することが出来てしまいます。
例えば、ウェブにアップロードされるGIFイメージがあります。
これは、GIFARと呼ばれる手法でFacebookのようなウェブアプリケーションに対して効率的な攻撃として知られています。

ZIPってなに

「ZIP(ジップ)」とは、データ圧縮やアーカイブのフォーマットのことを言います。
パーソナルコンピュータでは一般的なフォーマットです。
ZIPファイルフォーマットは、複数のファイルを一つのファイルとしてまとめて取り扱うアーカイブフォーマットであり、1つ以上のファイルが格納されているものです。

ZIPファイルは、ファイルを分割して圧縮するとランダムアクセスが可能です。
他のデータを読み込むことなく個々のファイルを取り出すことができます。
DEFLATE圧縮の可能性を限定するときでさえ、それぞれのファイルのために違う辞書圧縮を利用するとアーカイブ全体のサイズをより小さくできることがあります。
この圧縮の手法は、一般的に小さなファイルが大量にあるときのアーカイブとしては適切ではないです。
ZIPアーカイブフォーマットでは、個々のエントリに関する情報を持つメタデータは圧縮しないです。
これは、特に個々のエントリのサイズを小さくして、そのエントリ向けのメタデータのサイズを扱うようにアーカイブ可能な最大圧縮比率を設けて制限されているためです。
別の手法としては、圧縮されたtarアーカイブ(.tar.gzまたは.tgz)が使用されます。
それはファイルデータとメタデータがgzipで圧縮される1つの単位として圧縮されます。
この手法の欠点は、ランダムアクセスの効率が悪くなってしまうことであります。
興味のある方は「ZIP」を試してみては如何でしょうか。

ZIPとは

「ZIP(ジップ)」とは、データ圧縮やアーカイブのフォーマットのことを言います。
パーソナルコンピュータでは一般的なフォーマットです。

ZIPファイルフォーマット(以下ZIPフォーマット、またはZIP)は複数のファイルを一つのファイルとしてまとめて取り扱うアーカイブフォーマットであり、1つ以上のファイルが格納されているものです。
必要に応じて各種ある圧縮アルゴリズムを選択・使用し、ファイルサイズを圧縮して格納することも可能となっています。
ZIPフォーマットは、1989年にフィル・カッツが考案したもので、トム・ヘンダーソンが考案したそれまでのARCフォーマットに置き換わるものとして、PKWAREのPKZIPユーティリティに実装されました。
ZIPフォーマットは、現在多くのユーティリティによってサポートされています。
オペレーションシステムでのサポートとしては、マイクロソフトが1998年以降のWindowsオペレーティングシステムの各バージョンに「圧縮フォルダ」という名前でZIPの機能を組み込んでいるほか、アップル社もMac OS X 10.3以降に他の圧縮フォーマットも含めてZIPの機能を組み込んでいます。
ZIPファイルは一般的に「.zip」か「.ZIP」といった拡張子が付けられています。
ZIPフォーマットは、圧縮伸長を主目的としない多くのアプリケーションでも使用されているが、その際、拡張子には個々のアプリケーション固有に「.zip」とは異なる名前が用いられていることが多いです。




アメスタ録画

パスワード解除ツール

ダウンロードしたzipファイルにパスがかかっていたらがっかりしますよね。日本や海外のアップローダーから入手したzipが解凍できないってこと結構あります。アップした本人がパスを教えてくれるとは限りません。勘で入力したって正解するわけがありません。もうお手上げです。


フリーソフトで有名なものがありますが、はっきり言って速度が遅すぎて使い物になりません。パソコンの性能を上げても何も変わらなかったときには愕然としました。でもこのツールは違います。CudaというGPGPUの演算を採用しているので、世界最速の解除速度を発揮します。公式サイトによると毎秒5億回も試してくれるそうです。もちろんPC性能に依存するのでそこまで出るかはわかりませんが、相当早くできることに間違いはありません。


正しいパスを見つけてくれたときには感動します。ベンチマークとして利用している人もいるみたいです。確かに最先端の技術を使っているので、自分のPCがどの程度なのかを測定するには持って来いのツールなのでしょう。ちなみに解除だけでなく、Windowsやソフトウェアのパスを表示する機能もあります。便利ですよね。